ホーム English Tips 英語の付加疑問文「 ~, isn’t it?」を使わずに「~ですよね」を表現する英単語とは。(ビジネス英語でも使えます!)

英語の付加疑問文「 ~, isn’t it?」を使わずに「~ですよね」を表現する英単語とは。(ビジネス英語でも使えます!)

0
英語の付加疑問文「 ~, isn’t it?」を使わずに「~ですよね」を表現する英単語とは。(ビジネス英語でも使えます!)

英語の「~ですよね!?」は、一般的に「~, isn’t it?」「~, doesn’t it? 」「aren’t you?」などが使われますが、実はこれって、ビジネス英語でもネイティブの人が使っているのを聞いたり、文章をみたりするのは、そんなにないんです。

しかも、この英語の「付加疑問文:~ですよね!?」は、主語・述語・肯定文なのか否定文なのかで表現が変わるので、慣れないと複雑すぎて頭の中が混乱してしまいます。

ですが、簡単に「~, isn’t it?」「~, doesn’t it? 」「aren’t you?」などと同じ意味を表す単語があります。

ネイティブの人と話すときも、ほぼその単語が使われることが圧倒的に多い!

英文のやりとりで「~, isn’t it?」が使われているのは、1年に1回見るか見ないかくらいです。

それでは、付加疑問文をたったひとつの単語で【簡単】に表現できる2種類のフレーズをご紹介します。

「~ですよね」を簡単に表す「right」と「correct」

付加疑問文をひとつの単語で表現できるのは

  • right
  • correct

この2つのうちどちらを使ってもOK。

使い方としては

「right」は、日常会話、カジュアルな場面など
「correct」は、ビジネス英語やフォーマルな場面など

に使われていることが多く感じます。

個人的には、ビジネス英語でのやりとりでも「right」が使われたりしているので、どちらを使ってもいいような気もしています。

例文
You are a student, aren’t you?
生徒さんですよね!?

You are a student, right?


They are engineers, aren’t they?
彼らはエンジニアですよね?

They are engineers, correct

付加疑問文に「right」「correct」を使うメリット

Right」または「Correct」を使うメリットは、簡単に文章が作れるだけではなく、肯定文でも否定文でも関係なく使うことができることです

付加疑問文「~ですよね!?」は、その前の文章が肯定文か否定文かで付加疑問文に使うフレーズの形を変える必要があります。

ですが、「right」「correct」を使うば、その必要はありません。

You don’t have a car, do you?
車をもっていないですよね?

You don’t have a car, right?

このように、主語、動詞、肯定・否定文にかかわらず、簡単に「~ですよね?」の文章を作ることができます。

まとめ

「Right」や「Correct」を使えば、「~, isn’t it?」などの表現を使わずに「~ですよね?」を簡単に表すことができます。

  • 「Right」は、カジュアル場面、日常会話
  • 「Correct」はビジネス英語やフォーマルな場面

などで使われています。

「~, isn’t it?」が苦手な人はたくさんいるはず!(私もでした。)
ぜひ、「right」「correct」をつかって、簡単に英語を話したり文章を書いてみてください。

この記事がお役に立てれば幸いです。
Hope this helps!