ホーム 海外販売に役立つ英語 【海外への発送は対応していません】は英語で何て言うの?

【海外への発送は対応していません】は英語で何て言うの?

0
【海外への発送は対応していません】は英語で何て言うの?

「海外への発送は対応していません」「海外への発送は承っていません」「海外へは発送しません」等の日本語は、英語圏ではどのような英語フレーズが使われているかご存じですか?

日本国内でよく使われているフレーズは、 「No overseas shipping is available.」のような 「NO」や、他に「CAN’T」が使われたきつい表現が多いです。

海外のウェブサイトやオンラインショップでは 自国以外へ発送しない場合、「NO」「CAN’T」 を使った英文はあまり使われません。

NOを使うなら「NOT」
CAN’Tを使うなら「cannot」
CANNOTよりも「do not」または「does not」

を使った方が、自然な英語フレーズで優しい表現にもなります。

日本で使われているきつめの表現でも、少しだけ修正すれば英語圏で使われる自然な英語フレーズになりますので、これから説明していきます。

国内で使われる「海外発送に対応していません」の英語フレーズを自然な英文にする!

上記で述べてきた「NO」「CAN’T」意外に、「OVERSEAS」も国内でよく見かけますが、英語圏ではoverseasはあまり使われず「International」「internationally」が使われます。

例文の1行目は国内でよく見かけるフレーズで、矢印から下の英文が英語圏で使われているフレーズにした文章です。

例文1
No overseas shipping is available.
No international shipping is available.

上の文章はこう使おう!
Not all products are available for shipping internationally.

NOを「Not」へ変更。

例文2
No international orders available.

上の文章はこう使おう!
We do not accept international orders.

acceptの代わりにofferを使ってもOK。

例文3
We can’t ship overseas.

上の文章はこう使おう!
We cannot ship internationally.
・Our products cannot be shipped internationally.
・Our products cannot be shipped outside Japan.
・Our Products do not ship internationally.

例文4
We don’t ship overseas.

上の文章はこう使おう!
We do not ship internationally.
・We do not offer international shipping.


ビジネスでは、省略形を使うよりdo notを使う方が丁寧な表現になります。

修正した英文の中に使っている our products は、 All products, This item など必要に応じて置き換えてください。

また、修正した全ての例文の前に「Unfortunately,」をつけると、ネイティブも使う自然な英文になります。

「申し訳ありませんが」、と前置きする場合に使う「Unfortunately」

申し訳ありませんが、と前置きする場合は、sorryではなく、「unfotunately」を使います。

英語圏では「sorry」は自分に非がある場合に使われるので、ビジネスでは極力sorryを使わない方がいいです。海外へ発送出来ないのは自分の非ではありませんので、sorryを使う必要はありません。

sorryは使わず、上記の例文の前に、「unfortunately」をつけることで「申し訳ありませんが、海外発送は対応していません」という意味になり、自然なフレーズになります。

unfortunatelyは、辞書では「不運にも/あいにく/残念ながら」という意味で記載されていますが、ここでは「残念ながら」→「申し訳ありませんが」という意味になります。

unfortunatelyは、使用頻度が高い単語なので、使いこなせるようになるととても楽になります。

例えば
・申し訳ありませんが、ラッピングは対応していません。
・申し訳ありませんが、卸販売は対応していません。
というような場合にも、文頭に「Unfortunately」を使います。

また、これから述べる例文のように、「Please note that(ご了承ください)」も使用頻度が高いフレーズです。

安心して使える「海外への発送は対応していません」の英語フレーズ例文

ここでは、英語圏のウェブサイトでも実際に使われている英文をご紹介します。 メールやShipping Policyで使うことができます。ネイティブにも通じる安心してお使いいただける文章です。

Unfortunately, not all items are available for shipping outside Japan.
申し訳ありませんが、日本以外の発送は対応しておりません。

Please note that not all items are available for shipping outside Japan.
日本以外の発送は対応しておりませんのでご了承ください。

上記の2つは、「日本以外の発送は対応していません」と分かりやすく表現している英文です。

outside ~ という部分についての例ですが、アメリカのオンラインショップでアメリカ以外の発送に対応していないショップでは、

Unfortunately, not all items are available for shipping outside the US.

というように使われることが多く、「アメリカ以外へは発送していません」という意味でShipping Policyに使われている英文です。

例文1~4でご紹介した英文も使えますので、自分が覚えやすい英文をお使いください。

この記事がお役に立てれば幸いです。
Hope this helps!